So-net無料ブログ作成
検索選択

船旅・7回目。その3は、コルサコフ~小樽・函館・青森・横浜。

 ロシア・コルサコフを、6月24日(火)午後7時半、出航です。

2時間後、クリルオン岬を、右舷側に、通過して、小樽港へ。 翌25日(水)午前5時55に、
小樽港の勝納埠頭に、接岸です。 ここは、石原 裕次郎記念館の近くです。 何回も来ているので、歩いて、15分、ス―パーイオン併設のウイングベイへ行って、昆布屋「みのや」で、奥尻昆布を購入して、早目に帰船です。

6月26日(木)は奥尻海峡を通り、松前半島を回り、午前8時10分には、函館 港舞埠頭に、着岸。 無料シャトルバスが、出でいて、赤レンガ倉庫群 商店街を、散策。 ここも、何回もきているところ。 ぶらぶら。ゆっくり、午後2時には、帰船。 むしろ、夕食後の シアターでの、若き日本人マジシャン―原 大樹(はら ひろき)マジックショーが、面白かった。

6月27日(金)函館の向かい岸の本土-青森へ。朝7時には、町から少し離れた沖館埠頭に、停泊。 ここも、NK新聞社東北支社 勤務時代に、いつも、来ていた。
青函連絡船の発着場所ー三角形の建物ーアスパム まで、無料のシャトル バスが、ここでも、運行しいる。 町の銭湯ー通称ー「まちなか温泉」が、いまも、あった。450円~2時間かけて入ってきた。

28日(土)一日航海。津軽海峡を出で、日本の東海岸を、南下し、29日(日)朝 4時には、横浜国際船埠頭に、到着した。 われわれは、10時頃、下船し、午後3時には、家に着いた。
DSC003180001.JPG

6月28日(土)エッグドロップチヤレンジ大会あり、8人参加。 生卵を、15メートル下に落下させて、無傷を、争う競技。  わがカミさんが、参加して、見事、入賞した。
DSC003880001.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1