So-net無料ブログ作成
検索選択

おわら風の盆

 越中八尾の おわら風の盆を見学。秋の収穫が終わり、おわらに風の盆が来て、町中が、雪洞に火が入り、踊り明かすーお祭りが、このところ、有名になっています。その もの悲しい胡弓の音と 三味と太鼓で、踊る 妙に艶っぽさを 見ようと、3万もの人が集まります。やっと、2日目の9月2日の深夜まで見学できました。観光会館で、子供達から大人まで、各町内毎の踊りの披露や、石だたみの蔵並通りでの、踊り歩き、最後に、町民ひろばで、色町だった鏡町は、男衆の手のしなり、足腰のいろっぽさ、女衆の踊り ともに、抜群でした。親から子へ、また、子へ、3百年もの間 引き継がれた 伝統とは、凄ざましいものでした。

 


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

george

「その もの悲しい胡弓の音と 三味と太鼓で、踊る 妙に艶っぽさ」

この表現がぴったり、思わず一気に読ませて頂きました。

22年前、礪波であった2泊3日の研修会の帰り、立山、宇菜月、トロッコ電車そして富山市内でもう1泊と、バイクで回りました。

大阪へ帰ろうと向かったところ、大量の車が南に向けていくではありませんか。道路標識には「八尾(ヤオ)」と書いています。

大阪には「八尾市(ヤオシ)」があるので、てっきり、そこと勘違い、
「あ~、いつの間にか、大阪まできたのだ」と。
「いや、いや富山のはず」

車の列が向かうところまでいってやれ、八尾(ヤオ)に着くかも知れない。

石畳の美しい町に到着。
大勢の人たちがいるのに、
祭りのようだけど、街中は真っ暗。

あの三味と太鼓の音、
「あ~、いつか来たことがある。子どものころ」

まったくの初めての地
日本人の文化のDNAを持ったものにのみ
理解、いや、感じられる音楽だったのです。

あ~、なつかしい~。
ふるさとの音、におい、風。
心の中から震えたのを覚えています。

22年前が、蘇りました。
ありがとうございました。
by george (2007-09-05 12:04) 

繋ぎ役

 コメント感謝です。私のプログは、生活してきた環境から、「もの造り」の身近か からの発信です。段々、歳を重ねてきて、自然へ、自然へに向いてきています。もの造りも、大量に造るから、丁寧に、一つ一つでしょう。繋ぎ役より。
by 繋ぎ役 (2007-09-05 15:02) 

まぐお@千葉

このような伝統 子子孫孫 伝えても変わらないモノ スバラシイですよね・・・

伝言ゲームをすれば 3人先では チグハグになっていたりするのですがね!

georgeさんには 22年前が見えたのですね!
by まぐお@千葉 (2007-09-05 20:44) 

繋ぎ役

コメント感謝。繁忙の前の 少しの癒しをしてきました。これからが大変。頑張ります。  繋ぎ役。
by 繋ぎ役 (2007-09-06 09:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0